レンタルオフィスで経費削減【気軽に借りられる賃貸オフィス】

事務所選びのポイント

どのようにして賃貸事務所の場所を決めるべきなのかというと、基本的にはメインとサブの取引先が近い場所にしましょう。その場合、従業員の中には通勤に2時間以上もの時間がかかってしまう人も出てくるかも知れませんが、賃貸マンションに住んでいるのであれば、会社負担で引っ越し費用を出してあげるのも一つの策です。あくまでも営業時間中の移動時間を最大限削減できる場所を貸事務所として選ぶ方が優先となります。

貸事務所を借りる場合に注意しなければならないのが、法人税です。法人税は会社の規模や収益高の他に、事務所の数によっても変わってきます。そのため、一部の部署にとっては従来の場所が便利だからという理由だけで、既存の貸事務所を残していると、決算時の法人税が今までよりも高くなりますので注意が必要です。また、貸事務所を移転する場合の広さは、現在のものが社員の増加などで手狭になったのであれば、余裕のある広さを確保するようにしましょう。なぜなら、法人の移転には直接的な費用の他に、移動することによって取引先に与えるイメージも様々あります。近いからという理由で取引をしてくれていた企業が離れていくかも知れませんし、移転は早々何度もすべきではないため、今後も社員が増加しても対応できるだけの広さを確保しましょう。